記事一覧

    緊急避妊薬ノルレボ錠

    緊急避妊薬「ノルレボ錠」が2011年5月24日に発売された。

    世界各国で普及している緊急避妊薬は、これまで日本では、国に承認されていなかった。その代わりに、産婦人科などでは、緊急避妊薬としては未承認の中用量ピルが代用されていた。ただ、代用ピルは、効き目はあるものの、月経困難症などで使う強い薬のため、吐き気や頭痛などの重い副作用が伴うデメリットがあった。

    これに対し、国の承認薬となったノルレボ錠は、含まれるホルモン量が中用量ピルより少ないため、副作用も少なくて済んでいる。そして、性行為後、72時間以内に服用すれば、約8割の女性が妊娠を阻止できるというのだ。モーニングアフターピルと呼ばれる避妊薬は、ノルレボ錠を指すことが多いという。

    その使用は、性犯罪の被害に遭ったり、コンドームが破れて避妊に失敗したりした緊急時が想定されている。結果として、人工妊娠中絶が減る効果も期待されているようだ。服用には、医師の処方箋が必要で、錠剤は1回につき2錠飲む。ただ、保険は効かず、窓口での価格も決まっていない。



    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    11位
    アクセスランキングを見る>>