記事一覧

    ANA-スーパーフライヤーズカード-三井住友(一般)の良いところ

    今回からクレジットカードの良いところを
    伝えていきたいと思います。

    第1回はANA-SFC三井住友(一般)です。
    年会費10,762円ですがほとんどは
    ANA部分に分配されていると思われます。

    クレジットカードとしての特別な機能は
    ほとんどありません。平カードと同じです。

    価格.com 自動車保険

    スーパーフライヤーズカードとはANAの上級会員向けの
    サービス(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ)を
    上級会員の資格を持っていなくても受けられるものです。
    ただし誰でも取得できるわけではなく、
    申請時にプラチナ以上のスターアライアンスゴールドメンバーで
    ある必要があります。

    1度取ってしまえばその後は飛行機に乗らなくても
    カードを維持している限り上級会員として
    扱ってもらえます。
    年会費のほとんどすべてはこの部分に支払っていると
    言っても過言ではありません。

    上級会員としてのメリットは全日空のホームページで確認いただく
    として取得への道のりを示したいと思います。

    ウェルネスダイニング

    ≪ANAスーパーフライヤーズカードへの道のり≫
    1.ANAのホームページから会員登録してマイレージ会員となる。
    2.ANAやスターアライアンス系列の飛行機に搭乗する
    国内線だと目安50回ですが遠距離だと少なくて済みます。
    修行をする修行僧になるのもよいでしょう。
    3.プラチナ会員以上の資格をゲットする
    4.上級会員の資格を持つ1年以内にデスクにSFC取得したい旨を伝え
    申込書をもらい申請する。
    5.クレジットカード発行資格があれば無事発行される。

    クレジットカードの発行について言えば、一般カードなので
    無職とかでない限りまず審査に通るでしょう。
    SFCの中でもプレミアムカード(ダイナースとかアメックスとか)は
    その会社の審査基準に合致する必要があります。
    とはいってもANAから上級会員さんですよと案内されているので
    プロパーカードよりは審査基準が緩和されていることが予想されます。

    国際カードブランドですがもっともマイル還元効率が良いのは
    JCBのとされています。
    平カードとゴールドカードの値段差があまりないので
    ほかにゴールドカード以上のカードを持っていない方は
    ゴールドカードがおすすめです。
    平カードのVISAとマスター(三井住友発行)だと1ポイント=10マイルで
    変換するのにお金がかかります。5000円くらいで1回の交換で
    ゴールドカードの年会費を超えるので10マイルで年1回は交換したい場合は
    ゴールドカードにしておくほうがトータルで安くなるでしょう。

    私もJCBの方が良かったのですがJCBザクラスがあり国際カードブランドが
    かぶるので仕方なく三井住友VISAにしました。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>