記事一覧

    増税分の支出を抑える手っ取り早い節約法

    通信費は年々、家計を圧迫する傾向にある支出項目の問題児です。現状、家族で同じ携帯会社に加入したり、固定回線とスマートフォン回線をまとめたりして、節約に努めている世帯は多いでしょう。それでも、固定電話とインターネット代で月約7000円。スマホ代をひとり6000円で計算すると3人家族で通信費は計2万5000円にもなる。

     一般的な家計の8%ほどを占めているこの通信費の新たな節約術として、案外知られていないのがスマホのテザリングという機能です。

     テザリングとは、スマホをWiFiルーター(無線でインターネット接続を行うために使う端末)のように使うことができる機能。現在、多くのスマホにはこの機能が内蔵されており、これを使えば、パソコンやタブレット端末でどこでもインターネット接続ができます(仕組みは図を参照)。

     これまで、自宅で光ファイバーなどを利用した高速インターネットに接続するためには月4000~5000円程度のプロバイダ料が必要でした。タブレット端末を持っている方なら、別途外出先でも使えるモバイル・ルーターを購入したり、レンタルしたりしていた人も多いでしょう。でも、テザリング機能付きのスマホならそれらが丸々カットでき、年間10万円以上が浮く可能性もあります。ただし、スマホの月の通信量が一定を超えると通信速度を大幅に落とすなどの規制をするため、ネットのヘビーユーザーは要注意です。

     続いては、食費。ポイントは「食材の使い残しをゼロにする」ことです。日本の一般家庭における食材の廃棄率はなんと30%!  この廃棄率を減らすことが食費軽減の道。ちなみに無駄買いのトップ3は、豆腐、納豆、もやし。買う前に冷蔵庫に同じ食材が残っていなかったか考えてみてください。必要なものを必要な分だけ買うか、同じ食材をさまざまな調理法で食卓に出すリメークレシピを活用するなどしましょう。

    番目は、車。交通網が発達した都心部に暮らす人は、本当に車が必要か問うべきでしょう。試しに、車の維持費の年間支出額を出してみてください。駐車場代・保険代・メンテナンス代・ガソリン代・税金・車検代の合計を12で割る。そうすると月にいくら車にお金をかけているかわかります。平均すると都市部なら5万~6万円になるでしょうか。

     その金額を月の利用回数で割ってください。これで車を1回使うにあたっての平均金額が算出されます。もしかしたら、帰省するときはレンタカー、ショッピングセンターへ出かけるときはカーシェアリング、病院の行き帰りはタクシーのほうが安くありませんか。

     最後は、保険。無駄払いをなくすための見直しポイントは「死亡保険」です。住宅ローンで自宅を購入し、団体信用生命保険に加入した人は、生命保険の死亡保障は安くしてよいでしょう。また、2014年4月からは妻を亡くした夫にも遺族基礎年金が支給されるほか、女性の産休中の厚生年金保険料、健康保険料が労使折半で免除となり、将来の年金額も減額されないことになったため女性側の死亡保障も安くしてよいかもしれません。いずれにしろ、生命保険の見直しは必須です。とはいえ、保険は制度も仕組みも複雑。ここはファイナンシャル・プランナーに相談料を払ってでも保険や家計をチェックし、お金のダダ漏れを防ぐべき。相談料のもとは1年でほぼとれるはずですから。

     春になれば消費税増税に加え、異動に伴う転勤、子供の入学など生活が慌ただしくなる。その前に、前年の収支を参考に夫婦で膝を突き合わせて話しあってください。目に見えにくい保険料や通信費などに目を向けるだけで、増税3%分の補てんは案外すぐにできてしまうかもしれません。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    88位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>