記事一覧

    透析患者に尿酸コントロールは必要か

    慢性腎不全では尿酸排泄がほぼなくなるため
    透析前は高値となる
    だが尿酸は低分子であり透析で
    容易に除去される

    透析と透析の間において高尿酸血症状態でいることが
    どうかである

    尿酸は心血管障害のリスクファクターであることが
    知られておりたとえ痛風発作がなくとも
    透析前値が10を超えるようなら
    投薬が望ましいようだ

    昔ながらのアロプリノール、ザイロリックは腎排泄であり
    無顆粒球症、SJS、スティーブンジョンソン症候群のリスクが
    高くなるため肝排泄のフェブリクが好まれる

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    132位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    76位
    アクセスランキングを見る>>