記事一覧

    インドキシル硫酸やホモシステイン

    蛋白質結合性尿毒症物質だとか
    血管に炎症性サイトカインを引き寄せて血管を障害し
    動脈硬化などを引き起こす悪い奴

    蛋白質に結合しているため見かけ分子量は500以上となり
    通常HDでは除去されにくい

    手根管症候群の原因となるβアミロイドも分子量3万くらいで
    抜けにくい

    HDFの出番になるのだ
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    76位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    46位
    アクセスランキングを見る>>