記事一覧

    トワイライトエクスプレス、引退へ 老朽化で存続断念

    鉄道マニアではないが旅行好きにとってはぜひ乗ってみたい電車の一つである。
    予約がすぐに埋まってしまう豪華列車として有名だ。
    JR九州のななつ星が注目を浴びているが元祖といってもいいだろう。
    JCBザクラスのコンシェルジュデスクでも予約は困難だというが
    座席の多くはなんらかのコネで埋まってしまうようだ。

    大阪と札幌を丸1日かけて結ぶ国内最長路線の寝台特急「トワイライトエクスプレス」が、来春限りで引退することになった。JR西日本が28日に発表する。同社の看板列車として25年にわたって運行してきたが、車両の老朽化が激しいことなどから存続を断念した。

     「トワイライト」の運行は1989年7月に始まった。大阪駅を正午前に出発し、福井、金沢、富山など日本海沿いの駅に停車。札幌駅まで約22時間かけて走る。運行距離1495・7キロは国内で最も長い。

    シックな濃緑の車体、豪華な個室寝台やサロンカー、高級ホテルのような食事やサービスなどが鉄道ファンらから愛された。週4往復の臨時列車だが、年末年始や大型連休期間は毎日運行されるほど人気がある。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    97位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    59位
    アクセスランキングを見る>>