記事一覧

    開栓したらサイダーがパキパキ凍っていく「三ツ矢フリージングサイダー」が夏にぴったり

    すげえ気になる、飲みたい。
    コンビニは専用冷蔵庫を用意するようだが
    設備投資費用はアサヒが負担するんだろうか?
    この商品だけのために場所も設備投資費用も負担するのは
    さすがにきつい気がする。
    とはいえ、この暑い中ギンギンに冷えた炭酸飲料を飲むのは
    至福の喜びだろうなあ。
    値段が普通のペットボトルと同じなのもうれしい。

    アサヒ飲料が「三ツ矢サイダー」のブランド生誕130周年を記念して、フタを開けた瞬間から中のサイダーが凍りはじめるペットボトル飲料「三ツ矢フリージングサイダー」を6月4日よりセブンイレブン約1000店舗で先行販売する。

     フタを開けると中身が凍る「フリージング現象」はマイナス5度前後で発生するため、セブンイレブンではマイナス5度まで冷却できる専用冷蔵庫で商品を販売。中味は氷点下でもしっかりとした味わいを楽しめるよう、通常の「三ツ矢サイダー」より少し濃い目。またラベルには、マイナス5度の温度帯で白色から青色に変化するシールも付いている。

     まずは長野・山梨約600店、近畿圏約300店、首都圏約100店と、販売店舗を限定しての先行販売。内容量は500ミリリットルで、価格は150円(税抜)。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    133位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    77位
    アクセスランキングを見る>>