記事一覧

    進まぬ水素スタンド設置 FCV普及不透明/巨額投資に及び腰

    量産化が進まないと電気自動車のように高すぎる車になるだろうし
    ガソリンスタンドに補助金出して設置するのが一番ではないか。
    水素で走る車は排気ガスを出さず水と二酸化炭素のみだという。
    これほど環境にやさしい車はないが高すぎて買えないだろうな。

    燃料電池車(FCV)の市販化が平成27年に始まる見通しの中、燃料の水素を充填(じゅうてん)する水素供給施設(ステーション)の建設が遅々として進んでいない。政府は当初、27年中に全国で100基程度の商用水素ステーションを整備する構想だったが、現時点で計画ベースでもその3分の1にも満たず、大半は未着工という。

    水素ステーションの設置コストは1基当たり4億~6億円とされ、「ガソリンスタンドの約5~6倍」(石油元売り大手)という。国が建設にかかる費用の最大半額を補助するとはいえ、それでも億単位の投資を要する。実際、現時点で補助金の対象になったのは31基。しかも着工はわずか数基とみられる。

    ある石油元売り大手幹部は「電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)に比べて、はるかに高価なFCVの需要が不透明な中で巨額投資はできない」と困惑する。

    全国で15基の設置を計画しているJX日鉱日石エネルギーの佐々木克行・水素ステーションプロジェクト室長は「まだ建設は始めていない。車が販売されるころに全ての水素ステーションを完成させることは難しい」と嘆息する。東京都や埼玉県など9カ所に設置予定の岩谷産業の担当者も「このままでは間に合わない」と打ち明ける。

    設置のための申請が複数の省庁にまたがっている点も障壁になっている。高圧ガス保安法は経済産業省が、建築基準法は国土交通省が、消防法は総務省がそれぞれ所管する。

    自動車メーカー各社は開発競争を加速させており、トヨタ自動車とホンダが27年にFCVを市場投入する計画だ。かつて1台1億円といわれていた価格も、技術の進歩と一定の量産化でようやく1千万円を切るめどが立ったためだ。

    ナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹代表が「インフラが先にないと車は走れない」と指摘するように「FCVを買っても水素を充填できない」という事態にもなりかねず、関係者は危機感を募らせている。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    178位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    94位
    アクセスランキングを見る>>