記事一覧

    『一週間フレンズ。』人気の秘密は、ヒロインのピュアさ&セリフにあった

    藤宮香織たんには毎回本当に癒される。
    香織たんは笑顔がすてきだが、その笑顔を引き出すために
    必死に努力してきた長谷君には心を打たれる。
    オープニング、エンディングともに良すぎて涙が出てくる。
    最後は是非ハッピーエンドで終わってほしい。
    智代アフター的バッドエンドはごめんだぜ。

    漫画家・葉月抹茶の青春グラフィティをTVアニメ化した『一週間フレンズ。』。切なくて、ひたむきな登場人物たちの姿が胸に迫る物語だが、何と言っても私達を釘付けにしているのが、ヒロイン・藤宮香織のピュアな笑顔だ。そこで今回は、香織ちゃんのセリフから、本作の魅力を振り返ってみたい。

    人は、記憶を積み重ねて、友情や愛情を育んでいくものだ。しかし本作のヒロイン・香織には、「一週間で友達との記憶が消えてしまう」という切なすぎる秘密があった。1話「友達のはじまり。」では、香織の秘密を知らない長谷祐樹が、何としても彼女と友達になりたい!と猛アタック。「友達を作ってはいけない」と悩み、祐樹を避けるようにしていた香織だが、重たい荷物を一緒に運んでくれた祐樹に、こう声をかけずにはいられなかった。「あ、えっと、手伝ってくれて、ありがとう…ございました!」。ひた隠しにしていた香織の性格の良さがにじみ出る一言だった。

     大きな感動を呼んだのが、4話の「友達とのけんか。」。記憶が戻るきっかけになればと、祐樹の提案で日記をつけるようになった香織。しかしある日、ちょっとしたすれ違いからケンカをしてしまう2人。タイミングの悪いことに、香織がその日の帰り道に日記を落としてしまい、祐樹との記憶も失ってしまう大ピンチ!祐樹は、香織のため、そして香織との思い出を取り戻すかのように、泥だらけになってようやく日記を見つけ出すが、香織は祐樹の手を取り、こう瞳を潤ませた。「読まなくてもわかる。私もこれを探してたってこと。本当に、ありがとう」。祐樹と香織の心がつながった、大切な瞬間だった。

     毎回、香織の言葉にドキドキしっぱなしの祐樹だが、そんな中でも心を動かされたのが、6話『友達の母親。』で飛び出した香織のいじらしいお願い。「日記を読み返すと、毎週月曜日に必ず入っている言葉があるの。また俺と友達になってくださいって。ねえ、長谷君、来週もその言葉を楽しみにしていて良いですか?」。友達ができた喜びを噛み締め、恥ずかしそうに微笑む香織に思わず、胸キュン。祐樹はこの笑顔のためならと、勇気を出して、何度も、何度でも友達になろうと決心する。
    すっかり仲良くなった後は、祐樹がキュン死しそうになるセリフが続々。居残りしてまで勉強を教えてもらっている祐樹がお礼を言うと、「長谷君にはいつも支えてもらっているから、力になれることがあるならさせてもらいたいの」と真っ直ぐな瞳を見せる香織。「かわいい」と言われて、「男の人にかわいいって言ってもらったの初めてだからびっくりしちゃった。でも素直に嬉しい。ありがとう!」とはにかむ香織。こんなに素直でピュアな彼女を見たら、誰だって祐樹のように「天使だ!」と悶絶してしまうはず。

     振り返ってみて印象的なのは、いつだって香織が「ありがとう」と感謝の言葉をきちんと伝えられること。彼女を見ていると、その言葉の持つ温かさに気づかされ、きちんと「ありがとう」と言える女の子こそ、女子からも男子からも愛される秘訣だと実感する。

     毎週、私たちの心の癒しとなってくれていた香織だが、最終話に近づいた放送では、彼女の過去を知る九条一が現れて、祐樹と香織の関係も大きな転換期が訪れる。果たして、香織の長谷への「好き」は恋なのか。長谷の思いは成就するのか。一歩ずつ、一歩ずつ近づいてきた2人に、晴れやかな笑顔が戻ることを期待したい。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    114位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    68位
    アクセスランキングを見る>>