記事一覧

    家を建てよう(その11)

    土地は金額を現在交渉中であるものの、6月15日契約締結に向けて建物の打ち合わせを5月31日に
    行ってきました。

    北西角地50坪に延べ床面積40坪の計画です。

    まず玄関は北のバス通りからなるべく遠い南西に置くことにしました。
    妻は風水的にNGとか言っていましたが道路沿いにする以上他に選択肢がありません。
    庭を横断して南東というのもアレだし、北はバス通りで無理です。
    駐車場は南西に置き、家は敷地の北側に寄せ、南に庭を取ることになりました。

    リビングは12畳、リビングイン階段にすることで廊下をなくし、その分リビングを
    広げることにしました。リビングイン階段は冷暖房が効きにくいので
    カーテンをつける予定です。

    ダイニングは6畳、リビングの北東側につなげます。キッチンも6畳でダイニングの上。
    リビングとダイニングキッチンをななめにつなげることで斜めのラインを出し、
    広がりを感じさせる方法です。南東の開いたスペースに和室6畳(うち床の間0.5畳、押入れ1畳)
    を取りました。

    トイレはリビングの北西側に配置、階段はリビングの北側です。

    キッチンの西側に洗面スペースアンドバス。キッチンが大きいため洗面スペースが
    2畳しか取れません。階段下スペースが洗面スペースにつながっているので
    そこを収納にする予定です。本当はもう1畳洗面スペースを取れればよかったのですが無理でした。

    二階は東側に主寝室、南から南西にかけて居室2つ、北側には書斎とWIC、納戸を配しました。
    主寝室の南にベランダ2坪。トイレは1階と同じ西側に設置予定です。

    間取りを決めるにあたって以下の点を重視しました。

    1.キッチン洗面バスの動線を1直線にする。
    2.LDを斜めに配置することで広く見せる。
    3.書斎を作る。

    水周りの動線をつなげるにはかなり苦労しました。なぜならキッチンとバスのサイズが大きく、
    どうしても洗面スペースが犠牲になってしまうからです。
    また、北西角地のため北西の土地に隅切りが入り、そのせいで北西が1畳分かけてしまうのです。

    LDの斜め配置は確かに広くなりましたがその一方で冷暖房の効きがかなりきびしそうです。
    リビングイン階段も手伝って真夏・真冬エアコン2台フルに稼動しないとだめかもしれません。
    HMの人は「今の家は断熱性が優れているので大丈夫ですよ~」とおっしゃいますが
    実際きびしそうです。広さを取るか冷暖房効率を取るかは永遠のテーマです。

    書斎は確かに贅沢ではありますがせっかく広めの土地を選んだので作ることにしました。

    大体の骨格は決まりましたがドアの開閉、窓の位置、コンセントやテレビの配線など
    悩みどころは山ほどあります。洗面スペースはかなり狭いのでドアは引き戸に
    変更する必要がありますし、他にもありそうです。

    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    92位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>