記事一覧

    薄力粉にグルテンを混ぜることで焼くパン理論編

    薄力粉と強力粉の違いはグルテン含有率の違い、なので
    薄力粉にグルテンを混ぜることでパンは焼けるはず。
    というこの企画。
    わざわざ強力粉より高いグルテンを惜しげもなく混ぜることで
    焼き上げる小麦パンを目指す。

    まず初めに基礎知識。

    薄力粉:
    グルテン含有率7.0~8.5%

    強力粉:
    グルテン含有率11.5~13.5%

    ゴパンの場合、小麦パンを焼く際に使う強力粉は250グラム。
    その中に含有するグルテンは28.75~33.75グラムとなる。

    代替となる薄力粉を230グラム使うと
    その中のグルテンは16.1~19.6グラム。

    ということは、薄力粉230グラムに対し、グルテンを15グラム加えてやることで
    粉245グラム、グルテン31.1~34.6グラムとほぼ強力粉の配合比率となるのだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    73位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    47位
    アクセスランキングを見る>>