NISAと代用有価証券と貸し株とウボァー - ヒーローウォーズ攻略投資透析情報局

    記事一覧

    NISAと代用有価証券と貸し株とウボァー

    貸し株とは証券会社に保有している現物株を貸し出して金利を得ること、または
    その貸し出している株そのものを指す。
    金利はSBI証券の場合、ほとんど0.1%であり配当金に比べても非常にわずかである。

    貸し株をしていると代用有価証券として見なされない。
    代用有価証券は信用取引における信用建余力に算定される証券のことで
    信用建余力は保有現金と代用有価証券の合計となる。
    (厳密には他にもあるが大きなものとして)
    代用有価証券の掛け率は80%が一般的で株式の時価の80%として算定される。

    NISA枠で購入した株式の場合、貸し株はもちろん、代用有価証券にも算定されない。
    NISAで買った株式は貸し出すことは許されず、信用取引の余力としても見なされることはない。
    証券口座内に存在しながら完全に陸の孤島www

    貸し株は仕方ないとしても、代用有価証券として算定してくれてもいいと思うがいかがか?

    もっとも私はほとんど信用取引はしない、する時は大体現引きが現渡しの時なので
    信用建余力がほとんどなくても困りはしないのだが。

    特定口座の取引と損益通算できなかったり、いまいち使い勝手の悪いNISA口座。
    枠拡大もいいが、その辺も改善してほしい。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    12位
    アクセスランキングを見る>>