記事一覧

    【名古屋場所】65キロの育盛、初土俵は1秒で押し倒された!

    日本人力士がふがいないのでぜひ角界を代表する小兵力士になってほしい。
    舞の海や若乃花のように。
      
      前相撲が始まり、珍名で話題となった育盛(そだちざかり、17)=式秀=は乙川(15)=春日山=にわずか1秒で押し倒され初土俵で黒星を喫した。

     育盛は場所前の新弟子検査で体重63キロから90分で4キロ増やし、体格基準ギリギリの67キロで合格した。しこ名を地でいく驚きの増量を成功させたが、土俵の上は甘くなかった。立ち合いで乙川の左からの一発の突きを胸に食らうと、そのまま背中から土俵下へ転落。わずか1秒で初土俵が終わってしまった。

     取組後は「頭から行きたかったんですが、いきなり突っ張りが来るとは思わなかった」と苦笑い。まばらな館内からは「そだちざかり~!」と大きな声援をもらった。「聞こえていましたが、自分は相撲を取るだけなんで」と集中していたことを強調した。

     体重は検査から2キロ減の65キロ。師匠の式秀親方(元幕内・北桜)からはどんぶり飯2杯のノルマを与えられているが「食べるのはしんどいです。でも力士になったからには食べないといけませんから」。目標体重は95キロから100キロ。それまでは食べ続けて文字通り育ち盛りになる。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    15位
    アクセスランキングを見る>>