記事一覧

    クレジット利用歴成長と確定申告節税同時に

    JCBザクラスなどプレミアムなクレジットカードを取得するには
    利用歴がしっかりある必要がある。
    これらのクレジットカードにはT&E、つまりトラベルとエンターテイメント分野での
    利用歴が重要視されるようだ。
    例えば、高級旅館とか、海外ツアーとかコンサートチケットとか
    とにかくクレジットカード会社にとって良客となるかどうかが重要である。
    それに比べるとやや落ちるが公共料金引き落としといった生活基盤での消費である。
    年間に100万円使わないといけないがやや足りなさそうな年末といったシチュエーションが
    想定される。

    そんな時に、ふるさと納税をクレジットカード払いできる自治体を選び、
    クレジットカードでふるさと納税することで
    クレジットカードの実績づくりと、寄付金控除による節税の一石二鳥が狙える。
    1万円程度以上であればお礼の優待品がもらえる自治体も多く、
    一石で三鳥ともなる。

    注意したいのが自身の収入、ならびに控除を引いた所得に合わせたふるさと納税の
    寄付金額である。
    所得によって還付される寄付額の上限があるため、
    それを超えないように調整したい。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    99位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    61位
    アクセスランキングを見る>>