記事一覧

    オーストラリアのやよい軒 サバ定食が2500円もする理由

    東京が世界一物価の高い年と言われていたのはいまや昔の出来事なのだな。
    日本人としては物悲しい。
    欧米は概して食費にかかる費用は高い、エンゲル係数が高いと思う。
    もちろん賃金も高いのだが。
    日本がバブル崩壊と失われた10年でデフレーションに突入していたころ、
    世界は着々と成長していたのだ。

    出張で訪れる日本のサラリーマンは、口を揃えてオーストラリアの物価は高すぎると言う。確かに、資源ブームを背景とした息の長い経済成長で、この国の物価と賃金は先進国でも屈指の水準まで上昇した。しかし、決して急激なインフレに悩まされているわけではなく、長期的なトレンドで見ると物価は緩やかな伸びにとどまっている。オーストラリア準備銀行(RBA)によると、1993年から2013年までに消費者物価は1.7倍になったが、20年間のインフレ率を年率平均で見ると2.7%と、RBAのインフレターゲットである2~3%内に収まっている。

    本家とのコンセプトの違い、また、オーストラリアの経済的背景もあって、サバ定食が2,500円になったわけだが、かつて日本人は、退職金で物価の安いオーストラリアに家を買って移住し、日本の年金で生活できた。また、日本の物価の高さは訪日したオーストラリア人の語り種だった。しかし、約20年にわたるオーストラリアの「インフレ」と日本の「デフレ」のギャップが、その立場を逆転させてしまっている。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    88位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>