記事一覧

    アセットロケーション、資産配分の見直しを

    ポートフォリオを見てみると日本株式の割合が非常に高い。
    やはり買いやすいし、株主優待もあるのでこうなってるが
    やはりポートフォリオの偏りは問題である。
    日本株式は売るものがあまりないのだこのまま放置し、
    世界株式、世界債券、世界不動産を増やしていく。
    その手段は外国株式市場だったりするが手数料がけっこう高いのと
    銘柄に馴染みがなさすぎて物欲がおきない。
    コカ・コーラとか知ってるのもあるけど。
    債券はたまに募集してたりするが基本的には投資信託に頼ることになるだろう。
    不動産も現物は無理なのでREITになるか。
    上場REITか投資信託かは未確定だ。
    金とか商品はちょっと遠慮したい。
    為替は少しだけあるが扱いが難しいのであまり増やすつもりはない。

    総合利回りは5パーセントは欲しいが日本株式が多い現状では
    せいぜい3パーセントちょっとだと予想される。

    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    153位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    84位
    アクセスランキングを見る>>