記事一覧

    9月も生活直撃、“値上げの連鎖”

    缶詰値上がりはマルハニチロ株にとっては+なのだろうか。
    特に市場は評価していないようだ。
    原材料に輸送費の値上がり、インフレは確実に迫ってきているのか。

    値上げラッシュは秋も続きます。9月からは缶詰やコーヒー、乳製品などが値上げされます。
    消費税増税後も相次ぐ値上げが生活を直撃していますが、なぜ、「値上げの連鎖」は起きているのでしょうか。

    9月も続く値上げラッシュ。値上がりが続いていたチーズやソーセージのほかにもコーヒーも値上がり。
    缶詰は最大手のマルハニチロが65品目を最大で3割値上げします。
    食品のほかにも板ガラスや鏡なども・・・。共通する大きな要因は原材料の値上がり。
    そこに追い討ちをかける要素が・・・。それは物流の要でもある輸送費の値上がり。
    これまでは原油高騰による軽油の値上がりが大きな要因でしたが・・・

     「一番大きいのがドライバー不足。(ドライバーの)賃金が上がっているので運賃が上がっていく。物流コストはますます上がっていくので商品の価格にも跳ね返っていく、(値上がりは)長く続く。

    業者に依頼している輸送費は変えようがないので、編み出した苦肉の策が・・・。商品を配送する際、発泡スチロールの箱から段ボールにドライアイスを入れたものに切り替えたのです。すると発砲スチロールの箱では6個しか入らなかったのが12個入るようになり、一度で多くの商品が運べるようになったのです。そんなぎりぎりの努力をしても原料の生乳の値上がりが激しく、店頭の商品は値上げせざるを得なくなりました。

    29日に発表された7月の経済指標。政府・日銀のシナリオ通り物価の上昇が続く一方で、
    消費税増税後、消費者が財布のヒモを緩めていない現状が続いていて、景気の足踏み感が表れた格好です。
    続く値上げの連鎖の中、8月以降の消費は持ち直すのでしょうか。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>