記事一覧

    ECB:予想外の利下げ-景気悪化の中、3つの金利全て下げる

    うっかり所有してしまったユーロ通貨の使い道がなさすぎて困る。
    日本も顔負けのデフレに突入しつつあるユーロ圏。
    債券も為替も冴えない展開がしばらく続きそうだ。

    欧州中央銀行(ECB)は4日、大方の予想に反して政策金利を引き下げた。
    経済成長を支えデフレを回避するため、3つの政策金利全ての利下げに踏み切った。

    ECBはフランクフルトで定例政策委員会を開き、短期金利の調節手段である短期買いオペ(売り戻し条件付き債券買いオペ=レポ)の最低応札金利を0.1ポイント引き下げ0.05%とすることを決めた。中銀預金金利もマイナス0.2%に、限界貸出金利は0.3%に、それぞれ0.1ポイントずつ引き下げた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では57人中51人が据え置きを予想、6人が0.1ポイントの利下げを見込んでいた。

    ECBが歴史的な政策パッケージを打ち出してから3カ月で早くも追加利下げとなった。
    ドラギ総裁は8月22日に、デフレの脅威の高まりとロシアとの緊張悪化の中で追加行動を辞さない姿勢を示唆していた。

    利下げ以外の追加措置としては資産担保証券(ABS)の購入またはさらに大規模な量的緩和(QE)が考えられる。
    この日の利下げを予想し、ABS購入の決定もあるかもしれないとみるノムラ・インターナショナルのシニアエコノミスト、ニック・マシューズ氏は「インフレ期待の低下が顕著で急だったのに違いない」として、これが当局者を深く憂慮させたのだろうと語った。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    143位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    84位
    アクセスランキングを見る>>