記事一覧

    心臓弁膜症

    心臓の心房と心室、もしくは心室と動脈の
    間にある弁が異常をきたす疾患。

    左心房と左心室のあいだは僧帽弁、
    右心房と右心室のあいだは三尖弁。
    中でも大動脈に繋がり全身に影響する僧帽弁は
    非常に重要である。

    心臓弁膜症の主な原因は昔にかかったリウマチ熱のようだが
    最近はそれ以外も増えている。

    僧は全身で重要と覚えておこう。

    軽度であれば自覚症状もないが
    徐々に進行し、息切れなどが起こる。
    最終的には外科手術となる。

    心房細動を合併していると心筋梗塞リスクが
    高いのでワーファリンなどを服用する。

    激しい運動は控え、水分、塩分を制限する。
    よく休む。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    76位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    46位
    アクセスランキングを見る>>