記事一覧

    土用の丑の日には牛たんで

    今月末は土用の丑の日。スタミナをつけるなら、今や高根の花になった「うなぎ」よりも「牛タン定食」がお勧めだ。

    とにかく、定食の組み合わせがいい。まず『牛タン』は、コレステロールを含まない良質なタンパク質が豊富で、低カロリー。カロリーは、サーロインの3分の1で、脂肪は4分の1。ビタミンB2)、鉄分、亜鉛、ナイアシンも含まれています。健康になる食事にはバランスが重要。例えば、肉や魚のようなタンパク質の場合、女子栄養大の『四群点数法』によると、片手の手のひらに乗る分量が1食の適量といわれています。有名チェーンの牛タンは1皿5枚ほどで、ちょうど手のひらに乗る分量です。

    なんだとか。

    セブンイレブンの牛タン御膳を喰ったがまあうまかった。牛たんはペラペラだったけどまあ仕方ない。

    牛タン定食に欠かせない「麦ご飯」の大麦には糖質の代謝を促進させるビタミンB1が豊富だ。

    「大麦は玄米より食物繊維が多い。腸の調子を整え、カルシウムの量は、白米の4倍、鉄分は2倍です。そして、ここで外せないのが『とろろ』。“若返り効果”があり、滋養強壮や疲労回復の効果があります。胃の粘膜を保護し、消化を促す働きもあります。

    とろろを1週間食べさせる実験では、男性ホルモンの分泌量が増加し、精力がアップしたというのだ。山芋に含まれる「ジオスゲニン」という成分が、性ホルモンの分泌を高めるらしい。

    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    27位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    19位
    アクセスランキングを見る>>