記事一覧

    とある表面利回り9.12%の物件を詳しく調べたら

    実際は8.04%でした。
    なんてことはよくあること。

    おそらく最も高い家賃で入居している人×戸数×12か月で算出しているんだろうが
    実際には空室がありそれより安い家賃で募集している。
    つまり現時点での利回りは9.12%でもなく8.04%でもなくそれより低くて
    万一満室になったとしてもどんなに頑張っても8.04%になるということ。
    築古なのでこれ以上は急激な家賃下落はないと思うが
    20年ローンでも組んでしまったら20年後には築50年近いぼろアパートが残ることになるだろう。

    ちょっと気になる物件があったらおおよその駅からの距離とかで普通の賃貸ページを見てみるのがおすすめ。
    外見写真はまるっきり同じだったりするので特定できる。
    そして大体表面利回りより安い家賃で募集しているから。
    さらに本当に満室のところであっても関係者を高い家賃で入居させて売りつけてから
    退去するなんて常套手段。

    結論表面利回りは表示よりマイナス1%と思っておいた方がいい。
    ローンくんだり諸経費発生でもっと下がるよ。

    REITの方がどう考えても楽に思えてきた。
    でも経費使えないしなあ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    93位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    53位
    アクセスランキングを見る>>