記事一覧

    SNSで情報流出を少しでも減らすためにできること

    SNSの最大のデメリットは情報流出により知られたくない人に知られたくない情報を知られること。
    万が一の個人情報の流出や特定を避けたければ以下のことを守るべきだ。

    •出身地や住んでいる場所は、市町村は書かないで、都道府県の範囲にとどめる
    •出身校は必要のない限り記載しない
    •出身校を記載するときはなるべく高校までの出身校は記載しない
    •顔写真は載せない
    •現在通っている学校や職場を記載しない
    •職場や学校を記載するときは、細かいクラスや部署などは記載しない
    •自分の行動パターンを記載しない
    •自分の家や学校や職場が特定できるような写真を載せない
    •連絡先は公開しない
    •連絡先を公開するときは、電話番号はなるべく記載しない
    •連絡先を公開するときは、メールアドレスはいつでも捨てたり変更できたりできるものにする

    フェイスブックには電話番号と生年月日を登録する必要があり、
    なおかつ一度登録すると変更することができない。
    フェイスブックは退会という制度がなく、休止扱いとなりデータが
    完全に消されることがないのが心配だ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    13位
    アクセスランキングを見る>>