記事一覧

    ハムとベーコンと焼豚の違いと値段差

    ハム(英語 ham)は、豚肉のもも肉を塩漬け、熟成し、型に詰め(更に燻製にし)
    て湯煮(ボイル)又は蒸煮して作る加熱食肉製品。

    叉焼(チャーシュー、広東語 チャーシウ)は、豚肩ロースに味を付けて焼いた料理である。
    日本語で焼豚(やきぶた)ともいわれる。煮豚も含まれたりする。

    ベーコン(Bacon)とは、豚バラ肉を塩漬けして燻製にしたもの。

    大きな違いとしては部位(もも、肩ロース、バラ)の違い、
    調理方法(ボイル、焼き上げ、燻製)の違いのようだ。

    価格差としてはもちろんブランド差、メーカーによって違うものの一般的には
    ハム>ベーコン>焼豚といったところか。
    ソーセージもハムに並ぶ高級さといえる。

    ハムはいい部位を使っていて調理工程も手間がかかっているので一番高い。
    ベーコンもハムほどではないにしろ、燻製と手間がかかる。
    焼豚は煮豚であれば家で簡単にできる。
    焼豚は面倒だが煮豚であれば普通に家で作ることができる。

    お歳暮とかで焼豚が入っていると「ああ、安めのやつだな」と思ったりして。
    逆にロースハムやソーセージなら高級型と思われる。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    132位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    76位
    アクセスランキングを見る>>