記事一覧

    マルゲリータ (ピッツァ)の謎を解く

    マルゲリータってよく聞くピザだが実際なにかよくわからん。
    なのでマルゲリータについて調査してみた。

    ウィキペディアによると
    マルゲリータ (Margherita) は、イタリア料理のピザの種類の1つで、
    ナポリピッツァの代表でもある。この名称は、イタリア王妃
    マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ(以降、「イタリア王妃」)に由来する。

    イタリア王妃の名前なのね。具材はどうなんだろう。

    イタリア王妃が、「バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、
    トマトソースの赤がまるでイタリアの国旗を表しているようだ」として気に入り、自らの名を冠したと言われる。

    バジリコとモッツァレラチーズしか入っていないピザということか。
    道理で安いわけだ。サラミやソーセージすら入っていないってどういうことよ。

    ナポリなのでピザ生地は薄いクラフトが主流だが市販品は普通のパン生地のことも多い。
    薄いと破れたり不具合が起きやすいしね。
    ピザ屋で頼むときはクラフト生地はなんか損した気分になるので
    パン生地にすることがほとんど。値段は一緒のことが多い。
    耳にチーズインとかソーセージインとかは追加料金となる。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    115位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    67位
    アクセスランキングを見る>>