記事一覧

    太陽光発電に適した土地の選別

    主な条件として以下が挙げられる。

    ○年間日照時間が長い
    ⇒南関東、瀬戸内、九州方面。ただし九州電力は連系保留措置もあるので注意する。
    津波対策として海岸より少なくとも5キロ以上離れるのが望ましい。高台推奨。

    ○平坦もしくは南向きの緩斜面
    ⇒南を下にした傾斜を付けないと十分な発電量が得られない。
    現地にて角度算出が必要。

    ○少なくとも130坪以上の不整形ではない土地
    ⇒十分な発電量を得るのは必要な面積。

    ○土地価格は安い方がいい、15000円/坪を目安とする。
    ⇒土地は売却するまで償却できない、固定資産税がかかり続ける。

    ○気温が高すぎないエリア
    ⇒太陽光パネルは気温が上昇すると発電効率が落ちる。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>