記事一覧

    現在の株式配当利回りと株主優待利回り

    1月のハイパー下落によりかなり時価総額が失われてしまったため
    結果的に配当利回り、株主優待利回りは上昇している。

    保有銘柄全ての配当利回りは2.42パーセント、株主優待利回りは0.77パーセントとなった。
    株主優待利回りの算出時に現金化が難しい商品詰め合わせなどは
    会社発表の○円相当の○円として、クオカードなど金券類は都内金券ショップの
    実際の買取額を元に算出している。イオンのキャッシュバックなど消費に依存するものは
    算出不能として加えていない。

    配当利回りは上がったとはいえイマイチな値である。これはそもそも株購入時より
    株価は上昇しているのでやむを得ないところ。
    ちなみに購入時は2.5パーセントを目安になるべくそれ以上の銘柄を購入している。
    ただし株主優待がある場合、総合利回りを目安としている。

    株主優待利回りはこんなもんだろう。商品詰め合わせは利回り的にはプラスにはなるものの、
    優待銘柄はそもそもそんなに利回りはよくない。趣味レベルといえる。
    利回り度外視にここのこの優待がほしい!で買っているものもある。

    ただしNISA枠においては原則株主優待銘柄は取り扱わず、
    配当が3パーセント前後あるものを中心に購入している。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    168位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    92位
    アクセスランキングを見る>>