記事一覧

    銀ダラって高いよな鱈とは関係ないようだ

    銀ダラって名前から鱈の一種だと思っていたが
    外見が鱈に似てるだけのようだ。
    タラではなくアイナメやホッケに近い魚である。下顎にひげがなく、背鰭が2基しかないことでタラ類と区別できる。

    まあ切り身でしか見ないので正直区別付かない。

    駿河湾、北海道内浦湾以北からアリューシャン列島、
    アメリカ・カリフォルニア州沿岸までの北太平洋に分布する。
    特に大陸棚斜面と北東太平洋の海山付近の水深300-2000mほどの深海の泥底に生息する。
    冬に産卵し、孵化した稚魚は浅い海で生活するが、成長するにつれ深海で生活するようになる。

    深海に住んでいるようだ。近年は漁獲量減少に伴い、非常に高価な魚となってしまった。
    脂肪分の多い白身は他の白身魚にはない旨みが凝縮されている。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    127位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    71位
    アクセスランキングを見る>>