記事一覧

    日本政策金融公庫の環境エネルギー対策資金

    太陽光発電所を建設する際の資金援助は、
    環境・エネルギー対策資金〈非化石エネルギー関連〉(環境・エネルギー対策貸付)が該当する。

    資金の使い道は非化石エネルギーを導入する施設などを取得するために必要な設備資金で
    7200万円までとなっている。

    返済期間は、15年以内(特に必要な場合は20年以内)<据置期間2年以内>だ。
    基準金利は15年以内返済で担保あり1.45~2.05パーセント、担保なし2.4パーセントとなる。

    日本政府としては太陽光発電に重点を置いているので比較的借りやすい。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    20位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    16位
    アクセスランキングを見る>>