記事一覧

    複式簿記をマスターするぞ、開業時点での仕訳

    開業した時点では事業の所得も資産も全くないので
    個人事業主個人の財布から現金や預金を入れることになる。
    その場合の勘定科目は元入金となる。
    法人における資本金に当たるものだ。

    とりあえず開業届を出したら銀行へ行って銀行口座を作る必要がある。

    事業用として現金50000円、普通預金10万取り分けた場合。

    借方(増えた場合)         貸方(減った場合) 
    現金 50,000               元入金 50,000       開業日
    普通預金 100,000           元入金 100,000 開業日
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    12位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>