記事一覧

    個人事業主の仕訳、会議費と接待交際費の違いとは

    どっちも似たようなもんなのでよく分からない。
    法人であれば接待交際費の一部は損金とできないが
    個人事業主であれば特にそういった制限もない。

    交際費は、取引先や得意先など外部の事業関係者に対して、
    接待や慰安を目的に使用した費用のこと。
    一般に5000円以上になると接待交際費に分類される。

    会議費は、社内で行われた会議や、取引先との打ち合わせ
    に関して使用した費用のこと。
    5,000円以下の場合は会議費が妥当である。

    会議費に関しては自分1人分の支払いに関しても適用できる。
    その場合は誰とどのような用件で会議を行ったかを領収書の裏などに記載すること。
    名刺を添付するなどすれば信憑性が増す。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    26位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    16位
    アクセスランキングを見る>>