記事一覧

    キャッシュフローをマイナスにしないために債務回収比率を考える

    売り上げから経費を引いた純利益が元利を合わせた総返済金額の
    何%かとなる。
    債務回収比率はDSCRと略されるらしい。

    純利益120万、総返済金額100万であればDSCRは1.2となる。
    1.2程度はないと融資を引き出しにくいようだ。

    シミュレーションその3でやったI市の物件を例にしてみよう。
    総返済金額164万/年
    売上202万/年、経費21万/年
    202-21/164=1.1、あー駄目だこりゃ。

    ついでにその2も。
    総返済額77万円。
    売上89万円、経費4万 
    89-4/77=1.1、あー残念。

    最大売上は225万くらいなのでこれでやってみると

    225-21/164=1.24 なんとか超えているようだ。

    しみゅれーしょんその1はどうだろうか。

    総返済金額245万/年
    売上217万の時点でオワタ。
    かなりいい方の売上243万でもまだマイナスなので話にならない。

    217-4/245=0.86%
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    14位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>