記事一覧

    GDP、年1.4%減=2期ぶりマイナス

    GDPは芳しくないが本日は株上がっているようだ。

    内閣府が15日発表した2015年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、
    物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%減、年率換算で1.4%減となった。

    マイナス成長は2四半期ぶり。個人消費が振るわず、
    中国など海外経済の減速懸念が強まる中で輸出も減少し、
    日本経済が依然として足踏み状態にあることが確認された。

    物価の影響を反映し、生活実感に近い名目GDPは前期比0.3%減、年率では1.2%減。 
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    127位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    71位
    アクセスランキングを見る>>