記事一覧

    13年を超える古いクルマの所有者は負担増に

    直近で増税されるのは、初度登録されてから13年を経過した車両の
    「自動車重量税」で、2016年4月1日から実施される予定だ。

    初度登録されてから13年を経過すると、現時点でも増税が適用され、
    2016年3月31日までに車検を受けて納税する時は500kg当たり4100円から5400円に増える。
    2016年4月1日以降は、さらに増税されて500kg当たり5700円に。

    平成27年度燃費基準を達成した高年式の車両なら、
    車検時に納める2年分の自動車重量税が1万5000円で済むのに、
    13年を超えると2016年4月1日以降は2.3倍の3万4200円、18年を超えると2.5倍の3万7800円になる。

    自動車重量税だけでなく自動車税も年式が古くなると増税される。

    国の税収と業界の利益に重点が置かれ、クルマを長く大切に使いたい、
    あるいは代替えできない人達が、増税に追い込まれている。

    自動車取得税、自動車税、自動車重量税、更にはガソリン税と
    車両に関係する税金が複雑かつ多すぎる。
    自動車税は都道府県に払い込まれる地方税、
    自動車重量税は国に払い込まれる国税。

    そもそも自動車重量税は重い車は道路に負担を与えるからと
    重量別になっているのに低年式になると増税されるのは納得がいかない。
    日本政府の税収、それから与党支持母体の自動車メーカーの売り上げを
    両立させるための策で一般市民の利益とは相反している。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    108位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    67位
    アクセスランキングを見る>>