記事一覧

    償却資産税の概要

    償却資産税とは事業用に用いられる設備機械など償却資産に対して課税される。
    土地建物なら固定資産税、自動車なら自動車税が該当する。
    よって土地建物や自動車には償却資産税は発生しない。

    税率は課税標準額の1.4%だが自治体によっては1.5%のところもあるようだ。

    太陽光発電の場合、機械設備と周囲のフェンスが該当する。

    初年度:評価額=取得価額×(1-減価率×1/2)
    2年目以降:評価額=前年度評価額×(1-減価率)

    減価率は資産の耐用年数によって異なる。
    パネル設備なら17年で減価率は0.127
    フェンスなら10年で減価率は0.206

    償却資産税の計算においては減価率は旧定率法での値を利用するようだ。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    26位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    16位
    アクセスランキングを見る>>