記事一覧

    事業税と事業所税は違うので注意

    事業税は、事業を営む個人には個人事業税として、法人には法人事業税として、
    所得や収入に応じて課せられる地方税のこと。
    個人事業税の場合は法定業種別に税率が違う。
    法人事業税は資本金や所得によって税率が違う。
    個人においては290万までの控除があるため、事業所得が290万未満であれば
    申告不要。そもそも事業所得の確定申告書を提出した場合は申告不要。

    一方、事業所税は、一定の規模の個人や法人に課される地方税で、
    事業税とは違い、すべての自治体ではなく、主に人口30万人以上の都市や、
    政令指定都市などが課す税金となる。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    107位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    66位
    アクセスランキングを見る>>