記事一覧

    ご飯は冷めると粘着力が増す

    温かいご飯は湯気によって保湿されており
    水蒸気の膜がご飯と茶碗のこびりつきを
    防いでいる。

    冷めると膜がなくなり粘着力が増す。

    更に米の炊き方、水分量が多い方がこびりつきは
    少なくなる。
    古米になるほど水分量は減るので炊きたてでも
    こびりつきやすくなる。

    新米を高い炊飯器でもちもち水分量多めに
    抱き上げすぐ食べるとこびりつかない。

    とんかつ和幸のご飯はうますぎる。
    当然まったくこびりつかない。
    炊飯器ではあの味は無理かな。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    突然のご連絡失礼致します。
    きみきと申します。
    ブログのアンテナサイトを運営しているのですが、
    貴サイト様を拝見させていただきまして、
    是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
    URL: http://goo.gl/NmmSsV
    お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

    透析投資投石です。
    リンクしておきました。
    よろしくお願いします。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    20位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    16位
    アクセスランキングを見る>>