記事一覧

    6カ月に1回の皮下注で効く骨粗鬆症治療薬、プラリア

    成人には6カ月に1回、60mgを皮下注射する。

    ランマーク皮下注120mgも同じ成分だが適応が
    多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌骨転移による骨病変
    なので骨粗しょう症には使用できない。

    一般名デノスマブは、RANKリガンド(破骨細胞の形成・機能・生存に重要な役割を果たす蛋白質)
    を標的とするヒト型モノクローナル抗体である。
    RANKを特異的に阻害し、破骨細胞の形成を抑制することで骨吸収を抑制する。
    その結果、皮質骨及び海綿骨の骨量を増加させ、骨強度を増強させると考えられている。

    投与中に生じる重篤な低Ca血症を予防・治療するには、
    沈降炭酸カルシウム・コレカルシフェロール・炭酸マグネシウム(商品名:デノタスチュアブル配合錠)
    が使用される。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    41位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    26位
    アクセスランキングを見る>>