記事一覧

    フェブリクとザイロリック

    フェブキソスタットはアロプリノールと同じキサンチンオキシダーゼを
    阻害する尿酸生成阻害作用を持つ。

    フェブリクは軽度~中等症の腎機能低下患者でも使用可能。
    透析患者だと10mg分1くらいに減らすようだ。
    健常人の維持用量は40mgとなる。

    尿酸値低下作用はフェブリクのほうが強い。
    値段も高い。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    123位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    69位
    アクセスランキングを見る>>