記事一覧

    真田丸、豊臣秀次の苦悩

    自分にも男子が生まれたのに
    懐妊した淀どのの子のことで悩み、
    わずか生後2カ月で亡くなった際に
    これで太閤から目をつけられなくてすむと
    安堵したことを語った秀次。
    子が亡くなったことを安堵する親が
    存在するものか、それほどまでに追い詰められて
    いたという描写が秀逸だった。

    時は朝鮮遠征の最中、秀頼の生誕、
    秀次事変まで間もなくである。

    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    17位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    14位
    アクセスランキングを見る>>