記事一覧

    陰る太陽光、倒産急増 電気買い取り価格下げ、安易な参入

    こんな記事を読んだが倒産しているのは施工業者や卸売業者であり、
    実際に太陽光発電事業を行っている者が倒産しているわけではなさそうだ。

    それもそのはず、FIT価格は落ちてきているとはいえ、20年間の確定収入が見込めるわけで
    大きく儲けることはできないものの、損失が出る事業ではない。

    現状としてはおおよそ表面利回り10%前後となっており、原資はおよそ10年で回収して
    残り10年は利益回収といったビジネスプランとなる。

    出口戦略において不安が残るのは事実であるが、FIT価格終了後においても
    まあある程度の金額での売電は可能と見られており、
    減価償却の終了している設備はお金をかけずにそこそこの売り上げは予想できそうだ。

    経済産業省幹部はFITに頼らない自立した事業者を増やすと今後は
    自由競争とすることを言及しており、生き残りは熾烈になるのは確かである。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    20位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    16位
    アクセスランキングを見る>>