記事一覧

    リリカの働き、興奮神経系カルシウムチャネルα2δサブユニットに結合して遮断

    その結果、グルタミン酸などの神経伝達物質が
    抑えられ、神経痛が減少する。

    透析患者は高齢者と同じくふらつき、意識障害が
    起きやすいので少量から開始、
    維持用量も50から75mg程度とするのが望ましい。
    透析患者だけでなくクレアチニンクリアランス値に
    よって初期用量や維持用量が細かく設定されている。

    実際にふらふらになってる透析患者いるいるw

    他にも体重増加、血管浮腫が起こることあり。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    75位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    43位
    アクセスランキングを見る>>