記事一覧

    不動産投資に暗雲、実需なき供給戦争に突入か

    直近の不動産市場で、住宅や老人ホームなどの供給過剰に対する懸念が浮上している。
    日銀のマイナス金利導入後、潤沢な資金が建設原資として流れ込んでいるが、
    需要が相対的に弱く、空室率が急上昇してバブル崩壊のリスクが出ているためだ。

    建築資材高騰もあり、利回りは非常に落ち込んでいる。
    キャッシュでも厳しい、ローンだったら厳しすぎるくらいだ。

    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    99位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    61位
    アクセスランキングを見る>>