記事一覧

    太陽光発電事業における減価償却費の割合

    期中ではあるが現時点では62.73%となっている。
    太陽光発電事業はそんなに経費がかからない事業であるので
    まあいろいろ頑張って乗せてもこれくらいになるようだ。

    通年においてはおそらく55%くらいになるのではないだろうか。
    減価償却費の占める割合が非常に大きいことが分かる。

    減価償却費は実際にお金が出ていくわけでもないのに経費として
    計上できる非常にウマーな勘定科目だ。
    もちろん設備投資として事前にお金を支払っているのは間違いないのだが。

    現時点での決算書においては110万を超える赤字となっている。
    通年では30~50万程度の赤字になりそうだ。
    サラリーマンとして給与所得があるので事業所得においては
    赤字となった方が望ましい。

    ただし太陽光発電事業は割とウマい事業なのでそんなに
    大幅な赤字にはなりそうもない。

    仕訳は月15件以内に収まっており、MFクラウド確定申告も無料プランにて
    継続利用できている。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    13位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    10位
    アクセスランキングを見る>>