記事一覧

    事業主貸と事業主借の差額は来期の元入金となる

    現時点では事業主貸と事業主借の差額は300万ほど
    事業主借が多い。

    要するに私個人の資金を事業に300万はつぎ込んでいるということになる。
    実際には開業時の元入金100万もプラスして400万だ。

    といっても実際に現金を400万投入しているわけではなく
    自宅兼事務所を資産登録したりしている故。

    事業主貸と借の差額分来期首の元入金が増えることになる。
    元入金は法人における資本金に該当する部分。

    来期以降は元入金をあまり変動させずに利益を上げることが求められる。
    まあ設備投資するなら事業資金では足りなくなって
    個人資金を投入するしかないだろうが。

    個人事業における元入金は自由に変動させることができるが
    法人における資本金は定款改定、登記情報修正など
    非常に手間がかかるので容易ではない。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    48位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    28位
    アクセスランキングを見る>>