記事一覧

    調整対象固定資産とはどのようなものが該当するか

    調整対象固定資産とは、棚卸資産以外の資産で、建物及びその附属設備、構築物、
    機械及び装置、船舶、航空機、車両及び運搬具、工具、器具及び備品、
    鉱業権その他の資産で、一の取引単位の価額(消費税及び地方消費税に
    相当する額を除いた価額)が100万円以上のもの。

    太陽光発電パネルやパワーコンディショナーは100万超えなので当然該当する。
    自動車においても100万以上がほとんどなので該当する。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    93位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    53位
    アクセスランキングを見る>>