記事一覧

    インクレチンGLP-1とGIPの移動ルートと働き

    インクレチンは食事由来の糖が引き金となり
    小腸から分泌される。
    そこから血流に乗って膵臓にたどり着き
    それぞれの受容体に結合することで
    インスリン分泌を促す。

    その他胃排出胃運動を抑制することで
    小腸からの糖吸収を遅らせ、
    食欲も抑制する。

    GLP-1製剤はDPP-4よりも血糖降下作用が
    強く心不全や膵炎発生率も低いとされる。
    注射しかないのがデメリット。
    冷蔵庫に保存しないといけない。
    ビクトーザやビデュリオンなどがある。

    週一回投与のメリットは同じく週一回投与DPP-4製剤
    登場で薄れてきている。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    178位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    94位
    アクセスランキングを見る>>