記事一覧

    いつのまにか・・・やり終えていたのか・・・。そう言える人生を歩みたい

    クラナドアフターストーリー19話での父直幸の言葉。
    奇しくも同じ境遇になった朋也が祖母に会い、
    いかに直幸が人生を自分に捧げてくれていたかを知る。

    一時は育児を放棄していた自分に比べ、
    父一人で必死に自分を育ててくれていた父親。

    息子は高校を卒業し、就職し、娘を育てるまでになった。
    もう息子のためにできることはないと知った直幸の言葉。
    「いつのまにか・・・やり終えていたのか・・・。」

    最後はどうか、幸せな記憶を。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    178位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    94位
    アクセスランキングを見る>>