記事一覧

    有機アニオン輸送ポリペプチド(OATP)とBCRP、BSEP

    肝細胞上には無数の取り込みトランスポーターが存在しており、
    門脈ならびに肝動脈に流れてきた物質を取り込む。
    有機アニオン輸送ポリペプチド(OATP)はそのうちの一つ。
    OATPのような輸送トランスポーターが阻害されると
    血中濃度が上昇し、様々な副作用の原因となる。

    逆に肝臓からの排泄トランスポーターも複数あり、
    乳癌耐性タンパク質(BCRP)、胆汁酸塩排出ポンプ(BSEP)などがある。
    同じく排泄トランスポーターが阻害されると
    胆汁うっ滞につながることがある。
    関連記事

    スポンサードリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    92位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    55位
    アクセスランキングを見る>>