記事一覧

    高い城の男、日本太平洋合衆国 (Japanese Pacific States)での貨幣価値

    舞台設定としては1960年代となっている。
    旧アメリカ合衆国東海岸は日本太平洋合衆国という傀儡国家となっている。

    通貨は円が使用されており、
    人質に対する身代金として1万円を要求される場面があり、
    札束100枚くらいで支払っていた模様。
    その点から1万円は現代日本において100万円相当と考えることが出来る。
    要するに100倍の価値があるということだ。

    なお、キーアイテムであるビデオフィルムは10万円にて取引されていた。
    1000万相当が妥当かは分からない。

    と思ったら食料品店で260円支払っていたりするが
    どう見ても26000円相当の品を購入しているようには見えないので
    よく分からないといったところだ。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    160位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    88位
    アクセスランキングを見る>>