記事一覧

    台風は北半球においては進行方向東側が風が強くなる

    台風の風は反時計回りに中心に向かって吹き込んでいる。

      ↓↖
    →台風←
      ↑↖

    台風は巨大な空気の渦巻きになっており、地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。
    そのため、進行方向に向かって右の半円では、
    台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。
    逆に左の半円では台風自身の風が逆になるので、右の半円に比べると風速がいくぶん小さくなります。

    北半球、日本に来る台風においては台風の進行方法東側(右側)のエリアが
    逆側に比べると風が強力になる。

    今回の台風22号は太平洋を北東方向に侵攻しており
    関東地方は中心から西側に位置するので
    日本列島を縦断していく台風よりは被害が控えめと言えるだろう。
    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント

    検索フォーム

    スポンサーリンク

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    145位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    株式
    81位
    アクセスランキングを見る>>